看板とクラークとドクター

──自己紹介をお願いします

渋谷院の佐野と申します。よろしくお願いいたします。

──入職されてからどのくらいになりますか?

2016年の4月に入職したので、6ヶ月目になります。

――クラーク職ということなんですけど、美容業界に興味を持ったきっかけはなんですか?

前職がバスガイド職だったんですけど、レストラン船も一緒に提携しておりました。そこでブライダルの企画があり、メイクもきれいにしていただきドレスもきれいに着させていただいて、気分もあがり明るい気持ちになれたんですね。そういう気持ちを多くの人と共感したいと思い、美容について関わる仕事がしたいと思ったのが一番大きいきっかけとなっています。

――そうなんですね。ウェディングドレスを着た時ってテンションって上がりました?

上がりました(笑)
初めてのことでしたので、新しい感覚で人格が変わったような感じがしましたね。

インタビュー風景01

――美容医療の企業様は沢山あると思うんですけど、品川グループに入職されたきっかけは何ですか?

もともと美容には興味があり、美に対する刺激を受けながら患者様のお悩みが解決したときの喜びを一緒に共感したいなと思いました。
多くの美容クリニックの中で当院を選ばせていただいたのは、福利厚生の良さや採用ホームページを見た時にスタッフの充実している姿を見て一緒に働いていきたいと思い志望しました。

――なるほど。前職と比べて条件面は良くなりましたか?

そうですね。お給料も高くなりました。また週休2日制で前職より休みが取れるので、体的にも心的にもリセットすることができます。
その分患者様にも全力で対応できますし、よかったかなと思います。

クラークインタビュー風景003

――現在研修中だと思うんですけど、知識の習得状況はいかがですか?

もともと美容には興味があったんですけど、美容の専門的知識がなかったので覚えるのがとても大変でした。
先輩方が詳しく教えてくださるので、入職したときよりは患者様に詳しくご案内できるようになったかなと思っています。
まだまだ知らないことも沢山あるのでこれからもっと学んでいって、患者様が美しくなるようにお手伝いしていきたいと思っています。

――クラークという職種の知識や経験を、私生活の中で活かせているものは何かありますか?

そうですね。以前よりもメイクの仕方とかもちょっと意識して力を入れるようになりました。
あとは、美肌には保湿が一番大事という和田先生おススメの「ビーソフテン」を使用して、保湿を毎日心がけています。

――初めての患者様は印象に残っていますか?

初めてのお客様は男性の方でした。
女性の方がほとんどなのかと思っていたんですけど全然そんなことなくて。
男性の方も美意識が高い方が多いので来院された際にお話させていただく機会もあり、男性のご意見も聞けるので美に対しての考え方が変わったところもあると思います。

クラークのインタビュー風景

――そうなんですね。ありがとうございます。
お休みはどんなことをされていますか?

さらに知識を増やせるように復習していたり、新しい美容知識について学んでいけるように引き続き勉強していきたいと思っています。
息抜きに友人と出かけたりとか、映画鑑賞したりですとか、あとは料理もしたりしていますね。
料理も以前より健康に気を遣っていて、栄養バランスを考えた食材を使ったりするようになりました。
美しくなるためには食生活と生活習慣もしっかりしないと美しくなれないということも、品川グループに入って学んだ一つでありますので、楽しく無理なく健康に気を遣っていきたいと思っております。

――品川グループに入って生活習慣も変わってきたということなんですね!

品川グループに入ったことで休みもしっかり取れて体も心もリセットできますし、余裕がでてきて自分の生活習慣も見直して体調もよくなってきました。

――クラークは院長との連携が大切ですが、渋谷院 和田院長はどんな方ですか?

和田先生は忙しい時でも、スタッフ一人一人をしっかりと見てくださって、丁寧にアドバイスをくださいます。どのスタッフとも楽しく話していますね。

――品川グループの採用ホームページに和田先生の記事が載っているんですけど、見ましたか?

見ました!和田先生はすごい期待されている先生なんだなと感じました!
美容皮膚科部門を立ち上げたということで、品川美容外科には欠かせない存在の先生だと思いますし、患者様やスタッフへの思いやりの心が伝わってきました。それがまた院の雰囲気を良くしているのかなと思いました。

――実際に和田先生と一緒にお仕事されていて楽しいですか?

楽しいです!
仕事以外のお話をすることもあり、いつも楽しくお仕事させていただいています。

インタビュー風景

――入職されてから6ヶ月ということですが、今までに印象に残っているような出来事はありますか?

最近担当した患者様で、コンプレックスが多く自信がもてなかったということなんですけど、品川美容外科できれいにしてもらって、自信がついて最近はオシャレも楽しくなってきたというお言葉をいただきました。
美しくなるということは人格も変えてくれるんだなと改めて感じました。
患者様が美しくなるためのお手伝いをさせていただける喜びを感じるとともに、自分自身も刺激を受けて美意識を高めて努力していきたいと思いました。

――美容医療という分野に関してやりがいを感じるところは、やはりお客様が喜ぶことですか?

そうですね。こういう職種柄、お客様に喜んでいただけて、初めてやりがいを感じますね。

――逆に大変だなと思うことや、気を付けていることなどはありますか?

患者様によってもお悩みが違いますし、同じご案内をしても患者様が感じるところは違うので、患者様の立場に立って心を開いていただけるようにお話させていただいてご案内していこうと思っています。

――ちなみに美容医療・美容業界は女性が多いと思うのですが、渋谷院の雰囲気はどうですか?

本当にスタッフの皆さんは気さくな方が多く話しやすいですね。
それが院全体の雰囲気の良さにつながっているのかなと思います。
お昼休憩でご一緒する機会があるんですが、その時にはお仕事以外の話をすることもあり楽しいです。

渋谷院スタッフの仕事風景004

――そうなんですね。もともと人とお話されたりするのは好きなんですか?

そうですね、一日人と話していないと体調が悪くなるというか(笑)
人と関わっていたいなと思うところはあって、人と話すことは好きなのでそれで自分のモチベーションや気分が上がったりします。
落ち込んでいたりするときも人と話すことで元気をもらったりしています。

――クラークという職種柄、施術以外のお話もされることがあると思いますが、実際はどうですか?

美容の悩みとかだけではなく世間話であったり、「最近こういうことがあった」というお話もさせていただけるので、それも楽しみの一つであったりしますね。

―― 先ほどの生活習慣を改善出来たことも含めて、実際に自分が体験できると患者様にお話する内容は変わりますか?

「プロの医師がそばにいる」という環境でお仕事させていただいているので、いろいろなアドバイスを頂きながら学んでいます。
その学んだことを患者様に多く伝えていこうと思っています。

――患者様にとって自分はどういう存在になっていたいですか?

患者様にとってなんでも話せる存在になっていたいです。
患者様のお気持ちもわかるようにお話しさせていただいて、患者様が美しくなるためのお手伝いさせていただけるように、もっと美容知識について学んでいきたいと思います。
新しい発見をするとともに楽しさも感じるので、これからも楽しみながら美意識を高めて頑張っていきたいと思います。

――最後に入職を検討されている方にメッセージをお願いします。

周りのスタッフは、気さくな方が多くて楽しい職場です。そしてきれいな方が多いので美意識が高まります。
美容の知識が無くてもお客様のためにという気持ちがある方はぜひ応募してみてください。お待ちしております。

渋谷院のスタッフ

SNSでシェアする