品川グループ若松様画像01

── 自己紹介をお願いいたします。

カスタマーセンターの若松と申します。2016年6月に入職し、もうすぐ1年半になります。
これまでは企業受付や法人営業など人と接する仕事をしていました。

── カスタマーセンターというお仕事の内容を簡単に教えてください。

患者様のご要望を伺い、満足頂けるよう各院に的確な引継ぎを行うお仕事です。
具体的には、

  • ・予約を承る
  • ・施術に関するお問い合わせ対応
  • ・喜びの声やご不安な事を伺う

 
などです。
お一人おひとりの患者様のニーズを各院にしっかり引き継ぎをし、患者様にご満足いただくクリニック運営の一端を担っています。

wakamatu-itv13

── 数あるコールセンターの中で、なぜ品川グループのコールセンターに応募しましたか?

興味のある美容系の業界に携わりたかったのが一番の理由です。

業務を通じて美容の知識を得られ、自分自身の役に立ちそうだなと思いました。
また、コールセンターの募集では珍しく雇用形態が「正社員」というのも魅力でした。

── 元々電話対応関係の仕事をしていましたか?

コールセンターで働くのは初めてです。
ただ、営業職時代にアポ取りの電話をかけたり、担当企業様と電話のやり取りはたくさんしておりました。

品川グループ若松様画像06

── 企業受付や法人営業など直接人と接する仕事から電話対応の仕事をしようと思ったのはどうしてですか?

内勤の仕事を希望していましたが、事務職の経験が少ないので、電話対応の仕事であれば今までの経験も活かせると思いました。

── 研修はどうでしたか?

覚えることがたくさんある点は大変でした。社会人になってから一番勉強したかもしれません(笑)。施術の種類がたくさんあること、予約に関するルールも多岐に渡るため、理解し知識を定着させる必要があります。
しかし、頼もしい同期のメンバーと優しい研修担当のおかげで毎日楽しかったです。

品川グループ若松様画像03

── 現在同期の方は何名ですが?

4名在籍しております。カスタマーセンターは集合研修で同期がいるので、楽しいことや大変なことを共有できるので、今も仲良く励ましあっています。

── 入職して1年未満でチームリーダーに昇格し、さらにその4ヶ月後にはサブスーパーバイザーに昇格していますね。チームリーダー・サブスーパーバイザーの仕事を教えてください。

チームリーダーの仕事は、第一線で業務に当たっているオペレーターさんを最も近い距離でサポートすることです。患者様対応がスムーズに出来るよう、不明点に答えることや話し方の工夫の提案、入力作業のサポートを行います。

サブスーパーバイザーの仕事は、チームリーダーの業務も行いつつ、オペレーターさんの業務効率の向上につながることを見つけて実行していく仕事です。

品川グループ若松様画像04

── 昇格の話を聞いたときはどう思いましたか?また昇格できた理由をご自身ではどう思いますか?

オペレーター業務を頑張っていたからかな?とありがたいお話であると思いました。
その一方で、自分に出来る業務なのだろうかと不安の方がより大きかったです。
自分のオペレーター業務を向上させる事と、オペレーターの皆さんをサポートする事は別のスキルや考え方が必要だと思ったからです。

昇格できた理由は、患者様対応を真摯に行っていたからかなと想像します。
患者様に的確で迅速な対応が出来るよう勉強し、自分なりに工夫していたつもりです。

── 役職者として心掛けていることなどありますか?

オペレーター業務で大変だったこと、その大変だった時をどう乗り越えたのかを忘れないことです。
オペレーターの皆さんの業務環境をより良くしていき、全体の業績向上につなげたいと思っています。
また研修や指導の時でも笑顔を忘れずに対応しようと心掛けています。

品川グループ若松様 インタビュー画像05

── 今のお仕事でのやりがいや喜びを感じるときはどんなときですか?

現在研修も担当しており、教えたことをきちんと理解してもらえた時です。オペレーターさんが成長し、以前より前向きに業務に取り組んでいる姿勢を感じた時は嬉しいですね。

対応者の気持ちは患者様にも伝わります。患者様に喜んで頂けるクリニックであり続けたいと思います。

── 品川グループに入職して一番良かったことは何ですか?

業務を通じて、たくさんの患者様の声を知る事が出来たことです。こんなに美意識が高い方が多いということに驚きました。さまざまな世代の女性とお話しする機会があり、大変勉強になります。
“美容”のチカラを知りました。

── 今後の目標はありますか?

カスタマーセンター全体の運営に関われるように、知識などを深めていきたいと思います。最初はオペレーターとしての受電業務のみでしたが、昇格していろんな業務に携わることでカスタマーセンターの面白さを知りました。患者様に喜んでもらい、かつスタッフがイキイキと働けるよう尽力していきたいです。

品川グループ若松様画像06

── 最後に、入職を検討されている方へのメッセージをお願いいたします。

「美容」に携わることは、女性にとってとても楽しいことだと思います。
元々美意識が高くない私でしたが、患者様や社内の皆さんと話す事をとても有意義に感じています。
女性としても、社会人としてもスキルアップできるチャンスが品川グループにはあります。
ぜひ一緒に楽しく自分磨きをしていきましょう。

≪インタビュー後記≫

取材やインタビューは初めてという若松さんでしたが、とてもキラキラした表情で答えてくださいました。明るく誠実な人柄が話していて感じられ、また役職者としての責任感を前向きに捉えているところがとても素敵で、一緒に働くスタッフからも信頼されているのがよくわかりました。

「大変なことも確かにありましたが、同期が支えになってくれたおかげで、仕事が楽しく学校みたいです!」と屈託ない笑顔でおっしゃっていたのが印象的です。
部署としては2年ほどのカスタマーセンターですが、現在は品川グループにおいてとても重要な役割を果たし、活躍しているスタッフが多く在籍しています。その中でオペレーターから役職者に昇格し、今後も品川グループ全体のために頑張っていきたいという若松さんの姿にカスタマーセンター全体の心意気を感じました。

SNSでシェアする