≪看護師インタビューの後日談≫

看護師として美容外科で働くとはどんなことなのか

──今まで取材の経験はありますか?最初取材をお願いされてどう思いましたか?

取材は初めてでした。大学のパンフレットに授業風景の写真が載ったことがあるくらいです。
なかなかい機会だなと思いました。

──取材を受けて動画撮影はいかがでしたか?また話をしてみてどうでしたか?

最初はかなり緊張しましたが、途中から少しずつ慣れてきました。
最後の方は楽しく話ができました!

前回のインタビューはコチラ

──改めて自分の仕事・職種についてどう思いましたか?

もう1年も経つんだな~と入職したころを懐かしく感じました。
初心を思い出し、さらに頑張ろうと思いました!

美容外科と看護師の相性とは

──研修中のことなども思い出しましたか?

研修の時を思い出しました。レーザー照射でセンスがないのかなとつまずいた時もありましたね。プリセプターや入社歴の近い人に相談しました。そしてとにかくひたすら練習しました!スタッフにもたくさん協力してもらいましたね。それが突然出来るようになって、これがみんなが言っていた出来るようになる瞬間なんだなと!安堵感というかホッとしましたね。練習頑張って良かったなと思いました。

──指導者にもいろいろ相談できる環境だったんですね。

そうですね。プリセプターとは相性がよく、たくさんいろんなことを相談しましたし、プライベートも仲良くなりました。プリセプターに恵まれましたし、他のスタッフにも助けてもらうことが多く本当に働きやすい環境です。将来は私も指導できるように頑張りたいですし、その時には相手に合わせて教えられるようになりたいですね。

──HPはご家族やご友人は見てくれましたか?反応はどうでしたか?

反応はよく、いい感じに編集されていたね~なんて言われました!
来院してくれる友人もいます。また妹も看護師で機会があれば働きたいなと言っていました。

品川グループの福利厚生とは

──美容に関して気を付けていることはありますか?

以前から美容には興味があっていろいろしていましたが、保湿をより心掛けていますね。それに飲む日焼け止めも何かあるときには飲んでいます。

──当院に入職してよかったことはありますか?

直接患者様にレーザー照射等することで看護師としての技術力が身についたことですね。自分自身も美容意識が高まりました。美容に興味ある方は是非一緒に働きましょう、お待ちしております!!

≪指導者の小林さんの声≫

品川グループ看護師インタビューの後日談

──村山さんはどんな職員ですか?

少しマイペースで、明るくてお話しするのが好きなので、患者様とも積極的にコミュニケーションを取っていますね。
美容に向いている、当院でやっていける人は器用・不器用はある、業界に興味がある、患者様にあったものを考えられる。

──指導をしていて気を付けていたことはありますか?

美容未経験なので、分からないことは何度でも質問に答えるようにしていました。また村山さんに合わせたやりやすい方法を考えながら進めていくようにしました。それに指導者として自分の振り返りにもなりましたね。

──成長は順調でしたか?

覚えは悪くありませんでしたが、得意なレーザーもあれば苦手なものもあり技術習得には差がありました。でも美容に興味があり、頑張って練習していたので成長に繋がったと思いますね。

──今後どういう活躍を期待しますか?どんな看護師として頑張って欲しいですか?

患者様から施術中に質問されたりすることも多いので、患者様にあった提案をして信頼を得ていって「村山さんにやって欲しい」と患者様に言われるようになってもらいたいです。頑張って欲しいです!!

SNSでシェアする